環境音楽NAVI
  • 株式会社毎日映像音響システムのサイト
  • お問い合わせ

環境音楽で、より快適な空間に

株式会社毎日映像音響システム

環境音楽を知っていただくために。

羽田空港国際線旅客ターミナル 環境音楽(BGM)デザイン

「空の新玄関」 羽田空港国際線旅客ターミナル。 テーマパークのように楽しい空間に環境音楽(BGM)をお届けしています。

ターミナル内のロビーやラウンジなど、数多くの店舗に、環境音楽(BGM)を導入。
2010年10月21日。国際拠点(ハブ)化を目指す羽田空港では、国際線拡充に合わせ、羽田空港国際線旅客ターミナルビルをオープンしました。
年間約9千万人の利用客を見込むターミナルは、3階を出発階、2階を到着階、4〜5階を商業サービス施設とし、外国人観光客を意識した江戸の街並みや、日本初出店となる免税ショップなど、新たな観光スポットとしてもにぎわいを見せています。
このたび毎日映像音響システムでは、ターミナル内のロビーやラウンジ、数多くの店舗に、環境音楽(BGM)を導入致しました。アンビエントミュージック(環境音楽)の先駆者として知られている、ブライアン・イーノ氏の作品として有名な「Music for Airports」〜空港のための音楽〜は、空港という場所、その機能のために制作され実際に、ニューヨークのラガーディア空港ターミナルに流れていたといいます。日本で1960年代から環境音楽の普及に長年取り組んできた弊社もまた、環境や目的に合わせて、さりげなく雰囲気を与える環境音楽(BGM)をプログラムしております。
今回、この広大な空港ターミナルの環境音楽(BGM)デザインと効用を一部ご紹介いたします。

羽田空港国際ターミナル・ロビー

出発までのワクワクするような、ロビーでの待ち時間、あるいは到着後、ほっと一息をつきたいラウンジで……ふと聴こえてくるメロディーは、やさしい時間を奏でます。日常とはまた一味ちがった特別な空の旅を、リラックスしてお楽しみいただくために、さりげなく音楽の仕掛けが施されています。また和旋律の響きによって、外国のお客様にも「江戸」の余韻を、おもてなししております。

羽田空港国際ターミナル・免税店、ブランドショップ

出発前のお楽しみと言えば、免税店でのお買い物。
各種免税店や飲食店をはじめ、ティファニー、サマンサタバサ、ワコールといったおなじみのブランドショップ、さらに日本国内初の免税店となるロレックスなど様々なショップで弊社環境音楽が導入されました。賑やかな雰囲気を出したい、お客様が落ち着いてお買い物ができるようにしたい、時間によって店舗の雰囲気を変えたい、若者向けのダンスミュージックを流したいなど、それぞれの店舗の希望やブランドイメージに合わせて一つ一つカスタマイズして音楽を配信しています。

羽田空港国際ターミナル・ラウンジ、待合室

24時間運用を開始した羽田空港国際線旅客ターミナルには待合室やラウンジ、仮眠スペースやシャワー室があるリフレッシュルームなど出発前のお客様はもちろん、深夜に到着したお客様が始発電車が運行するまでの間を過ごせるスペースも充実しています。
そういった場所では長旅で疲れたお客様が少しでもくつろげるように出発ロビーやショップとは違う音楽をそれぞれの場所に合わせて流しています。

大規模施設向けBGM(環境音楽)プログラムの配信は、IMS(インターメディアシステム)で行います。

ハードディスクを搭載した音楽プレーヤーでインターネット経由のダウンロード機能付き。
2万曲以上の音源を演奏します。楽曲のダウンロードも自動で行います。
様々なプログラムを週、月、年間など自動的に変える事もできます。 ボタン操作等は手間いらずでご利用いただけます。

さらに詳しく、お聞きしたい方は、当サイトのお問い合わせフォームまたは、
下記へお問い合わせください。
株式会社毎日映像音響システム
大阪本社(本店)
〒541-0043 大阪市中央区高麗橋4-4-9 淀屋橋ダイビル TEL 06-6201-0811
東京本社
〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-3-3 内幸町ダイビル TEL 03-3595-8021
名古屋支社
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3丁目10-33 錦SISビル TEL 052-221-1999